« 233の落とし穴 | トップページ | E233のバリエーションその2 »

2007年11月 7日 (水)

E233系のバリエーションその1

先日発売され売り切れ店舗続出の

Bトレの新パート1初回限定版ですが

その中でもE233系は抜群の出来といっても過言ではないでしょう(*^_^*)

今後もかくあって欲しいところです…www

さて、そんなE233系ですが

プロトタイプ編成は

新津製10両貫通編成のT1~T7編成です

新津製の編成はまだまだ沢山あるのですが

T8編成以降は先頭車のアンテナが

台座付きに変更されています…(笑)

製品では…

B_377 このようにアンテナに台座の無いタイプとなります

これは、初期のT1~T7編成とH43~H48編成に見られるタイプで

全体から見れば少数派になっています

これを、現行投入分にするには

KATOのAssyパーツのEL用列車無線アンテナが必要になります

正面右側の2本のアンテナを根元から切り落としたうえで

0.6のピンバイスで穴を開けてやります

そこにEL用列車無線アンテナをゴム系で接着しますが

アンテナが垂直に立つように気をつける必要があるので

なかなか細かい作業になります。。。

そして出来たのが

B_376 こちらでございます(*^_^*)

多少パーツが大きいですが

雰囲気重視の方向で…www

これで多数派のアンテナ台座付き編成が再現可能になります(*^_^*)

ちなみに、T8~T14・T17~T19・T22・T23・T26・T27・T30・T31が

プロトタイプになりますので、幅が広がります♪♪

なお、中間車の屋根パーツですが

先にも書いたとおり4つ穴に戻ってしまったので

そのままではKATOのE231用のパンタグラフが搭載できません…orz

そこで、ジグを作ってピンバイスで穴を開けてやります

B_381 ベースとしたのは

手元に大量にあったE217系用のパンタ屋根で

パンタ台部分だけ切り出して作成してあります

PS16用の穴に楊枝や1.2ミリのプラ棒を差し込んで固定すれば

簡単に穴を開けることが出来ます♪♪

B_380 そして、軽くゴム系で固定してやりますが

このような感じに仕上がります(*^_^*)

なお、E231系に比べて

倍以上パンタが必要になるので

なかなか大変です…www

|

« 233の落とし穴 | トップページ | E233のバリエーションその2 »

Bトレ」カテゴリの記事

Project C」カテゴリの記事

Project E231」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/399033/8791129

この記事へのトラックバック一覧です: E233系のバリエーションその1:

« 233の落とし穴 | トップページ | E233のバリエーションその2 »