« 小田急1000×2 | トップページ | 名古屋にて »

2009年10月18日 (日)

海老名にて…

昨日はB-netのお仲間と連れだって

海老名で行われている小田急のイベントに行ってきましたhappy01happy01

というのももちろん…

小田急1000のBトレ購入が目的ですhappy02happy02

自宅からジョギングしながら小田急某駅まで行き

某駅から急行でひとっ飛びなのですが

先行の急行が…

Dscf1879

最古参5000形の登場ですが藤沢行きなのでパス。。。

海老名についてみるとエライ行列が出来ていましたが

開場してみるとその列の大半は部品・実車方面へ消えて行き

Bトレに関しては楽々購入できましたscissorsscissors

濱崎さん、その節はありがとうございましたhappy01happy01

さて、実車の展示コーナーですが

今日は“赤い1000”とEXEとその他停泊中の皆様がお出迎えbleahbleah

中でも赤いのは注目を集めていました

Dscf1898

よくよく見てみると、カッティングシートの貼り合わせでの苦労が…sweat01sweat01

特に乗客用ドアの再現がなかなか…www

そういえば、この赤い奴の試作品が展示されていました

Dscf1885

銀に比べると若干不安点が多そうですが…

ドアと方の部分の白が白すぎるようなのが原因かもしれませんがwww

さて、海老名の留置線の奥には…

Dscf1906

という並びだったのですが

奥の1000がちょっとおかしい…coldsweats01coldsweats01

アップで見てみましょう…

Dscf1909

先日東急車両から出場してきた4000形が付いてました(笑)

9000亡き今は1000が甲種牽引の任にあたっているとは…bleahbleah

ますます1000形遊べるじゃんupup

さて、帰宅してから早速買ってきた1000形を組み立てましたnotenote

Dscf1921

とりあえず今日は4箱購入しましたので今日は10連貫通を組成しました

ただ、いくつか説明書通りに組まなかった点がありますsweat01sweat01

最大のものは、先頭車の行先・種別のステッカーの貼り方で

裏から貼り付けても見えるようにはなっていますが

位置決めが難しいのでこれを表から貼るというものbleahbleah

ためしに貼ってみると

Dscf1926

見た目も損なわれずに種別などがわかりやすくなると思います(笑)

さて、もう1つの問題としてはパンタグラフがあげあれれます

ひし形ならば指定のPT42を購入してくれば楽勝ですが

シングルアームだとそうもいきませんsweat02sweat02

候補としてはいくつかありまして…

・GM製PT71C

・TOMIX製小田急7000用

・KATO製EH200用

これらの中からチョイスするわけですが

コスト・計上・耐久性の3点からチョイスすると…

Dscf1920

を選択(笑)

アキバの模型店でもまだ手に入るので悪くない選択肢と言えるでしょうbleahbleah

問題は数でして…

4連で2つ、6連3つ、8連4つ、10連5つとパンタが多い分

穴を掘って行くのもなかなか骨が折れますwww

今回の1000形自体としては出来は良好なので

次回は是非1500・1700のワイドドアを…と思ってみたり…(笑)

|

« 小田急1000×2 | トップページ | 名古屋にて »

Bトレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/399033/31827078

この記事へのトラックバック一覧です: 海老名にて…:

« 小田急1000×2 | トップページ | 名古屋にて »